ランキングへ参加中

  • 他ブログさんへのリンク代わりに
フォト

リンクについて

  • リンクはご自由にどうぞ
    ご一報頂ければ 相互リンクさせてください。

« 60102 プライベートジェットとリムジン | トップページ | 60104 空港ターミナルと旅客機 »

2017年7月23日 (日)

60103 エアショー

いよいよ佳境に入ってまいりました。
「シティ空港シリーズ祭」第4弾は
「60130 エアショー」の紹介です。
まずはパッケージ

2017072301



2017072302

なんとジェット機が2機と複葉機が1機、計3機の
飛行機とハンガー(格納庫)や小物類とボリュームの
あるセット内容となっています。

タイトルでもある「エアショー」ですが、日本では自衛隊や
在日米軍の航空基地などで、広報目的で行われる事が
ほとんどですが、欧米などは航空機メーカーの商談や
アクロバット展示などをメインとするショーが多数開催されています。


それでは開封~


 




2017072303

670ピースとインストが5冊、シールは1シート
ブロック外しが付いてきます。

1番のインストと袋で給油車と小物類
2番のインストは2・3番の袋でジェット機その1
3番のインストは4・5番の袋でジェット機その2
4番のインストと6番の袋で複葉機
5番のインストと7・8番の袋でハンガー
という構成になっています。

 
 
 
 
 

では1番の袋とインストから

2017072304
 

2017072305

最初はミニフィグ
左が給油車の作業員(Octan社員?)
右がマーシャラー(航空機誘導員)の空港職員

マーシャラーのヘルメットはイヤマフと一体型です。







2017072306

小物類を作っていきます。まず最初に作業台
電動ドリルやオイルジョッキが挟んであります。
休憩用のマグカップもw
 

 
 


2017072307

続いてはツールワゴン
 
十字レンチ・ラチェットハンドル・モンキーレンチ
マイナスドライバー・ハンマー・ボックスエンドレンチ
オープンエンドレンチ
7種類と盛り沢山です。
 
 
 
 
 
 
 

2017072308

では給油車を作っていきます。
サイズは空港シリーズの各作業車と同じサイズです。
 
 
 
 
 
 

2017072309

サクッと完成
車両後部にOctanカラーの燃料タンクとホースと
ノズルを搭載しています。
 
 
 
 
 

2017072310

後部のタイルに「Follw Me」と書かれた電光掲示板風の
シールを貼ります。
フォローミーカーと兼用のようです。
 
 
 
 
 
 

2017072311
 
ここで1番のインストと1番の袋が終了です。







で2番のインスト、ジェット機を作っていきます。
まずは、2番の袋から

2017072312
 
女性パイロットのミニフィグです。

アクロバットチーム風のカッコいいプリント
このボディとヘルメットのプリントは、今のところ
このセットのみのリリースとなっています。







 

2017072313

ではジェット機本体に取り掛かりましょう。
全長23ポッチと長いですが、もっと長くなります。
 
 
 
 
 
 

2017072314

コックピットの計器類はプリントパーツです。
ちょっと嬉しいですよね?





 

2017072315

エアインテークを取り付け
溝付ブロックでそれっぽく見えるのがカッコイイ!!

 


 
 

2017072316

ここで2番の袋が終了です。
続いて3番の袋を開封します。
 





2017072317

ジェットエンジンの排気口は1つと言うことで
単発のジェット機となります。






2017072318

主翼が完成です。結構な大きさになってきました。
デルタ翼と呼ばれる形の翼です。 
   
 
 
 
 
 

2017072319

カナード(先尾翼)を取り付け
 
このようにカナードとデルタ翼の組み合わせで
構成されているのを「クロースカップデルタ」と
呼ばれています。






2017072320

ひっくり返して脚を付けます。






2017072321

キャノピー(風防)と垂直尾翼を付けたら完成です。
 





2017072322

後ろから

元のモデルは「サーブ39グリペン」かな?
 
 
 
 
 
  

2017072323

コックピットは・・・操縦桿がないw





   

2017072324

ちょっとカッコいいな・・・
正面のクリアブルーのスロープパーツは
HUD(ヘッドアップディスプレー)と呼ばれる
戦闘機についている計器です。

昔、LEGOではミリタリーを連想させるモデルは
発売されていなかったのですが、最近は変わって
きたのですかね?



 



続いて3番のインスト・4番の袋に行きます。
こちらもジェット機ですが、形がちょっと違います。


2017072325

今度は男性のパイロット
また、サングラスだよ・・・


 


 

2017072326

全長24ポッチと先ほどと同じくらいの長さです。








2017072327

エアインテークはスロット付きのスロープパーツ







2017072328

コックピットの計器類はさっきと同じです。

 



 


2017072329

これで4番の袋が終了です。








続いて5番の袋を開封
 

2017072330

ノズル2つと言うことで双発ジェット機ですね。






 

2017072331

翼を取り付け、これあの機体かな?





2017072332

垂直尾翼の基部はヒンジパーツで角度を付けて







2017072333

垂直尾翼は2枚・・・やっぱりアレか?






2017072334


2017072335

で完成です。
多分元ネタは「ボーイングF/A18ホーネット」?



 


 

2017072336

やはり操縦桿は無しwww







では4番のインスト、6番の袋
複葉機を作りましょう。

2017072337

男性パイロットとウイングウォーカーのフィグ

ウイングウォーカーとは、複葉機の翼の上で
パフォーマンスをする人のことです。

ブライトリング(時計メーカー)・ウィングウォーカーズ
などが有名ですね。






2017072338

複葉機なので小さいサイズです。







2017072339

カラーリングはオレンジ・・・
「ブライトリング・ウィングウォーカーズ」といっしょw

 





2017072340

尾翼のパーツ
半円に1×2の切り欠きがあるプレートですが
2年前から出ている比較的新しいパーツです。
個人的に新パーツです。


 

 
 

2017072341

この機体の計器類はシールを貼ります。






2017072342

キャノピーを取り付け
 
 
 
 
 
 

2017072343

レシプロ機らしい丸っこいエンジンが
カッコいいです。
 
 
 
 
 

2017072344

上の主翼を付けると段々それっぽくなってきます。







2017072345

脚はレシプロ機らしく後ろが小さいタイプ







2017072346

で完成です。
元ネタは何だろう?「WACO YMF F5C」が近いかな?

 



2017072347

早速乗り込んで




 


2017072348

ウイングウォーカーはこんな風に乗ります。


 



2017072349
 
アクロバット開始です!!!






ラストは5番のインストと7・8番の袋で
ハンガーを作っていきます。

2017072350

24ポッチ・32ポッチと大きい・・・

 




2017072351

壁をつけたら7番の袋が終了です。







2017072352

前後に梁を付けて
 





2017072353

プレートで屋根を付けます。
前面には作業灯が付いています。

ちなみに屋根の位置ですが、インストでは解りにくいです
後ろ側がツライチとなります。
 



 

2017072354

で完成です・・・大きい・・・






2017072355

複葉機がジャストサイズ
ジェット機は両方ともはみ出すので、
複葉機は、ここがホームなんでしようか?
ハンガーもオレンジ色が入っていたりと・・・
それで、ジェット機チームはゲスト的な?


 





2017072356

全部で2時間ちょっとと、久々に長時間でした。

組んでて楽しかったのは複葉機かな~
ボリューム満点のセットです。






2017072357

エアショーに向けて準備開始!!!






2017072358

ジェット機チーム到着です!!!


« 60102 プライベートジェットとリムジン | トップページ | 60104 空港ターミナルと旅客機 »

シティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60103 エアショー:

« 60102 プライベートジェットとリムジン | トップページ | 60104 空港ターミナルと旅客機 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ