ランキングへ参加中

  • 他ブログさんへのリンク代わりに
フォト

リンクについて

  • リンクはご自由にどうぞ
    ご一報頂ければ 相互リンクさせてください。

« 21045 トラファルガー広場 | トップページ | レゴのパーツ請求 »

2019年9月24日 (火)

10266 NASA アポロ11号 月面着陸船

なんと・・・二ヶ月ぶりの更新となってしまいました・・・
時間はあったのですが色々とありまして・・・

そんな久しぶりの更新は「10266 NASA アポロ11号 月面着陸船」
 
2019092401

6月に発売されたのですが、なかなかタイミングがあわなく
やっと手に入れました。

 

2019092402
今回モデルとなったアポロ11号は人類初の月面着陸を成功させ
今年で50周年となり、今回のモデル化となりました。
 
丁度1年前に紹介したこちら「21309 アポロ計画 サターンV 」も
合わせてご覧ください。
 
 
 
 

 
 
それでは開封~

 

 
 
 
 
 
 
2019092403

1087ピースとインスト1冊にシールが1枚
 ブロック外しが付いてきます。
 
袋は1~4番
1番がベースとなる月面
2・3番が着陸船の下降段
4番が着陸船の上昇段となります。
 
 
 

 
 では1番の袋から

2019092404

最初はミニフィグ、アポロ計画の月面着陸船は2人乗りです。
人類初の月面着陸である11号では、ニール・アームストロング船長と
バズ・オルドリン操縦士の2人

このフィグはどちらかな?



2019092405

このポディのプリントはこのセットのみです。
NASAのマークが入っています。








2019092406
 
 ベースは26×26とけっこう大きいですね
 
 
 
 
 
 
 
2019092407
 
 ここでトラブル発生、2×4のダークグレーのタイルが足りない
 その代わり1枚しかないはずのプリントタイルが余計に・・・
 
 とりあえず、在庫のパーツで先に進めます。
足りないことはあったけど、間違って入っているのは初めて

 
 
 

2019092408
 
 何だかんだで1番の袋が終了
白い旗には星条旗のシールを貼ります。 
 
 

 
 
 続いて2番の袋です
2019092409
 
月着陸船の下降段を作っていきます。
下降段とは着陸時にロケット噴射でブレーキを掛ける役割と
離陸時には上昇段の発射台としての役割を持っています。
 
なので、今でも月面に残されており2009年にはアメリカの
月周回衛星のカメラで捉えられています。
 
 
 
 
 

2019092410
 
ロケットの燃料タンクでしょうか?
 
 
 

 
 
 
 
2019092411
観測?記録用のカメラも装備されています。
 

 
 
  

 


2019092412_20190924112501
 
ここで2番の袋が終了
黒いタイル部分などにはシールを貼ります

 
 
 
 

 
 では3番の袋へ
 
2019092413
 金のタイルをポチポチと張っていきます。
 この宇宙船や人工衛星などでよく見る金のシートは
断熱のために貼るシートで中の機器を保護するためにあります。
 

 
 
 
 

2019092414
 
脚が完成、一気に宇宙船らしくなってきました。
 
 
 

 
 
 

 
 
2019092415
 
 下降段のロケット
 
 

 
 

 
 
2019092416
 
 ベースにのせたら3番の袋が終了
 結構大きいです。

 
 
 
 

 
 では4番の袋
 
2019092417
 
 4番はミニフィグから
 操縦士のバズ・オルドリンは後に、オモチャが出てくる
有名なアニメ映画のキャラクターのモチーフになったりしました。
 
 
 
 

 
2019092418
 上昇段を作っていきます。床面から
 
 

 


 
 

 
 
 
2019092419
黄色のクリップパーツで宇宙船を分割することができるので
中にフィグを置いて遊ぶことが出来ます。
船内には色々とシールを貼ります。
 
 
 
 
 
2019092420
 宇宙船の本体?の完成

 
 
 
 
 
2019092421

こちらは操縦席かな?ガラス窓があります。
下側は船外へ出るためのドアがあります。

 
 

 
 
 
2019092422
もう反対側を作ったら上昇段の完成
 

 

 

 
 

 
2019092423
下降段とクリップパーツでつなげたら完成です。

全部で2時間半程度でした。
 
 

 

 
 
 
2019092424
 
 ココが出入口
「That's one small step for a man, one giant leap for mankind 」
「これは人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な跳躍だ」
アームストロング船長の有名な言葉ですね

そして、続いて降り立ったオルドリン操縦士は一言
「Magnificent desolation」「荘厳なる荒涼
」と月の風景を表現しました。
 
 
 
 

 

2019092425
 
いやー脚がカッコいい

久々の更新でちょっと駆け足でしたがいかがでしたか?
 
とりあえず、更新再開しますのでこれからもよろしくお願いします。

« 21045 トラファルガー広場 | トップページ | レゴのパーツ請求 »

クリエイター」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに拝見させて頂いております。
久しぶりの更新、安心しました。

いつもご覧いただきありがとうございます。
更新が滞りがちですが、なんとか続けていきますので
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 21045 トラファルガー広場 | トップページ | レゴのパーツ請求 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ